国にいらだち「医療崩壊する」 都の休業要請、攻防の末

有料会員記事新型コロナウイルス

長野佑介、中田絢子、関口佳代子
[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた休業要請で、東京都と国が大筋で合意する見込みになった。だが、こうした流れに至るまでには、「命ファースト」を全面的に押し出して範囲を広げようとした都と、「社会的混乱を避けたい」として対象を絞るよう迫ってきた国との間で、ギリギリの攻防があった。

 「うちの店は開けて良いのかダメなのか。明確にお示ししないと店の方も困るので、スピード感重視でいきたい」。9日朝。小池百合子知事は報道陣に対し、そう危機感を示した。

 都の関係者によると、国側はこの日、休業要請の対象に関する新たな都の案に対し、いくつかの施設を除外するよう求めてきた。

 都が最初に対象施設の案をまとめた6日以降、一部の都関係者は国に対するいらだちを隠さなかった。

 「目的が何かが最大のポイン…

この記事は有料会員記事です。残り812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]