[PR]

 北海道の鈴木直道知事は9日夜に記者会見を開き、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象区域から北海道に向けて、発熱などの自覚症状がある人の流入が止まらないとして、国に対策を徹底するよう緊急要請したことを明らかにした。

 赤羽一嘉・国土交通相や加藤勝信・厚生労働相、西村康稔・新型コロナ対策担当相に要請したという。緊急事態宣言の対象区域の空港や駅で、発熱やせきがある人には公共交通機関の利用を控えるよう注意喚起の徹底を求めた。鈴木知事は「羽田空港で止めていただかなければ、(道の対策が)機能しない。実効性のある取り組みをするべきだ」と訴えた。(斎藤徹、松尾一郎)