[PR]

 5年近くも止まっていた時計の針が、ついに動くかもしれない。

 国ぐるみのドーピング問題で、2015年11月から資格停止処分を受けているロシア陸連が、組織改革へ大なたを振るった。今月2日に代表選手団の選考基準を改定し、15年11月18日以降にドーピング違反の認定や、疑いがある選手は除外する方針を決めた。長年ドーピング騒動で負っているイメージを一掃し、地位回復が狙いとみられる。

 今後、国際大会やロシアスポーツ省の大会で代表入りするには、15年11月18日の基準日を境に「潔白」が必要となる。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定がまだでも、世界陸連などから調査が入った場合は、選考から外れるという。

 練習環境にも条件がつく。基準…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら