[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が10日、大阪市福島区の関西将棋会館で、第61期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定リーグ(通称・王位リーグ)白組の対局に臨んでいる。対戦相手は関西の強豪、菅井竜也(たつや)八段(27)。それぞれ5対局する王位リーグで両者ともに3勝0敗。勝者が白組優勝に近づく重要な対局だ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策として日本将棋連盟は、11日から5月6日まで、公式戦のうち長距離移動(100キロメートル以上)を伴う対局は原則、5月7日以降に延期する方針。愛知県瀬戸市在住の藤井七段にとって、関西将棋会館での対局も東京都渋谷区の将棋会館での対局も長距離移動を伴うため、4月11日以降で決まっていた対局はすべて延期となった。藤井七段の次の対局は、現在のところ、5月7日以降になる見通し。

 対局は菅井八段の先手で、定刻の午前10時に始まった。持ち時間は各4時間。終局は夜になる見通しだ。

藤井七段らの成績は

 王位戦は、将棋界に八つあるタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら