[PR]

 日本相撲協会は10日、新型コロナウイルスのPCR検査を受けた幕下以下の力士が陽性と診断されたことを明らかにした。角界で感染が確認されたのは初めて。

 協会によると、この力士は高熱のほか、せきで出たたんに血がまじる症状もあり、8日に都内の病院を受診した。その際に簡易検査を受け、9日、病院から「陰性だった」と協会に連絡があったと説明されていた。

 協会はすでに夏場所(東京・国技館)の開催を2週間延期し、初日を5月24日とすることを決めている。通常開催をめざす一方、状況次第で、3月の春場所と同じ無観客開催や中止とする可能性があるとの考えも示していた。