[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、三菱航空機が開発を進める国産初のジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の米国での試験が中断していることがわかった。現地で外出制限が出ているため。日本にある最新試験機の米国移送も5月以降にずれ込むことが確実となった。開発スケジュールが当初から8年以上遅れているが、新型コロナの影響拡大でさらに不透明さが増している。

 スペースジェットは航空当局からの安全性のお墨付きである「型式証明(TC)」を取得するための試験を米ワシントン州で続けてきた。三菱航空機によると、同州知事から企業に対して従業員の在宅勤務を求める通達が3月下旬に出されたため、全ての試験を中断している。

 TCを取得するためには、最新…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら