[PR]

 春の日差しをカーテンで遮り、男性(25)は何もする気になれず、手元のノートをカッターでカリカリと引っかいていた。「おれの人生、なんかいいことなかったのかな」。何げなく1冊のアルバムを引っ張り出し、そこに貼られた手紙に目をやった。

 〈君は『自分は負けばっかりだー』とか言ってましたが、そんなことはないと思いますけどね〉

 細かな字でこう書いてくれたのは、10年ほど前の同級生の女子だった。島の中学で机を並べ、転校する時にもらった。〈会えてよかったです〉。あのころ自分は、家族の不和を隠して明るくふるまい、漫画を描いて気を紛らわせていた。

 セーラー服を着ていたころの彼女の顔が浮かぶ。〈自分の好きなようにすればいいんじゃない? 偉そうにすみません〉

 言葉が染みこんだ。

 ペンをとり、やるべきことを決…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら