[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国各地の大学野球春季リーグ戦が相次いで延期になった。東京や大阪など7都府県で緊急事態宣言が出ており、収束が見通せない状況にあって5月以降の開催や、日程短縮のため順位決定方式を変えるリーグが増えている。

 3月の時点で多くの大学リーグが、4月上旬から中旬にかけての開幕日程を再検討していた。4月2日に全日本大学野球選手権が6月8日開幕から8月12日開幕へと大幅な延期が決まると、各リーグも開幕日程のさらなる後ろ倒しに踏み切った。

 東京六大学野球連盟は5日、神宮球場で臨時理事会を開き、4月11日の予定だった春季リーグ戦開幕を5月末まで延期し、順位決定方式も通常の2戦先勝勝ち点方式から、1回戦総当たりの勝率方式を採用した。1回戦総当たりでのリーグ戦開催は、戦後初のリーグ戦だった1946年春以来の史上5度目になる。

 6月6日の開幕を目指している…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら