拡大する写真・図版厚生労働省が入るビル

[PR]

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、保育園や放課後児童クラブでも休業や登園自粛の動きが広がっています。子どもの世話で仕事を休む保護者の休業補償のために政府が新設した助成金・支援金は、保育園や学童保育の場合も対象になります。どうしたら支援を受けられるのか、厚生労働省の担当者に聞きました。

【Q】保育園も対象ですか?

【A】はい。小学生以下の子どもを持つ働く親が、ふだん子どもを預けている場所に子どもを預けられなくなり、仕事に影響が出た場合を対象にしています。子どもの預け先は小学校だけでなく、保育園や幼稚園、放課後児童クラブも対象です。障害のあるお子さんの場合は、中学校や高校も対象になります。

 自治体が原則休業を打ち出したり、可能な範囲で利用を控えるよう通知を出したりした場合は、間違いなく対象になります。自主的な判断で休ませた場合は原則対象外です。

【Q】どんな支援ですか?

【A】企業に勤めている場合と、フリーランスで働いている場合で異なります。

 企業に勤めている場合は、企業向けの「小学校休業等対応助成金」があります。子どものいる従業員のために、有給の特別休暇をつくって休ませた企業に対して、日額8330円を上限に賃金の全額を国が助成するものです。

【Q】企業勤めの親はどうすればいいですか?

【A】まずは勤め先に対して、特別休暇の制度をつくってもらうよう働きかけて下さい。厚労省からも働きかけをしています。助成金の申請は企業がおこない、企業に対して支払うことになります。

【Q】「特別休暇」とは、年次有給休暇(年休)とは違うのですか?

【A】年休を使うことは、おすすめできません。年休は、労働者本人が自由に時期を決めて取ることができる休暇です。会社から年休を充てるよう求めるのは望ましくありません。

 企業には、従来はなかった休暇を新たにつくるよう求めています。今回は緊急なので、就業規則が整備されていなくてもかまいません。

【Q】フリーランスで働く親の支援はどうなっていますか?

【A】個人で仕事をする親向けには「小学校休業等対応支援金」があります。仕事ができなかった日について、1日あたり一律4100円を受け取れます。

【Q】どうやって申請をしますか?

【A】どんな仕事を受注していたかや、報酬などがわかる書類が必要です。電子メールなどでも構いません。口約束で仕事を受けていた場合は、発注元にも記入してもらう「申立書」を出してください。

 申請書類はホームページからダウンロードできます。審査のあと、1カ月以内に指定された口座に振り込まれる見通しです。

 この制度は3月末まででしたが4月以降も延長することになっています。4月以降の申請については4月15日ごろに公表し、受け付けを始める予定です。

【Q】相談窓口は?

拡大する写真・図版厚生労働省のリーフレット

【A】自分が対象になるかどうかや、申請のしかたなどの相談は「学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター」(0120・60・3999)へ。受け付けは土日・祝日を含めて午前9時~午後9時です。(岡林佐和)