[PR]

 水星をめざして飛行している探査機「みお」が10日、地球の重力を利用して進路を変える「地球スイングバイ」に挑み、水星への軌道にかじを切った。地球の撮影に成功したほか、地球からも上空を飛び去る姿が確認された。2025年12月に水星を回る軌道に入る予定だ。

 みおは日本時間10日午後1時半ごろ、地球に約1万2600キロメートル(地球の直径とほぼ同じ)まで近づき、大きく方向を変えた。長野県にある東京大木曽観測所は午後9時前、遠ざかるみおを南の空に確認、大型望遠鏡で撮影に成功した。地球スイングバイはこれが最初で最後。この後、さらに金星で2回、水星で6回スイングバイする。

 日欧が協力する水星探査「ベピコロンボ計画」の探査機で、欧州の探査機「MPO」とともに18年10月に打ち上げられた。計画名はイタリアの天文学者にちなむ。7年で約90億キロの長旅のうち、これまでに約14億キロを飛行した。

 水星は太陽に最も近い惑星のため、表面の温度は約430度に達し、太陽からの強烈なプラズマの流れにさらされている。みおは、過酷な環境にある水星の磁場がどうなっているのかなどを調べる予定だ。(小川詩織)