[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受け、神奈川県の黒岩祐治知事は10日午後の記者会見で、県内の商業施設への休業要請について、「東京都と歩調を合わせる。まったく同じ基準にしたい」と述べた。11日午前0時から実施する意向という。

 黒岩知事は東京都と同様の対応をとる理由について、「(東京と神奈川で)基準が違えば、東京側のお店には要請がかかり、神奈川のお店にはかかっていない状態になり、(神奈川に)どっとおしよせる可能性がある。(密閉、密集、密接の)『3密』を避けようといったところが崩れてしまう」と述べた。

 事業者への休業補償にあてる「協力金」の財源については、新型コロナウイルス対応のための国からの臨時交付金約1兆円の一部をあてる方向で、国と調整するとした。

 東京都の関係者によると、都はネットカフェやパチンコ店、ゲームセンター、映画館、スポーツクラブなど幅広い業種で休業を求めるほか、飲食店には午前5時から午後8時までの短縮営業を要請する方針。(田井中雅人、松澤奈々子)