[PR]

 加藤勝信厚生労働相は10日の閣議後会見で、愛知県が政府に新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象区域に含めるよう求めたことについて見解を問われ、同県の医療提供体制について「県からは必ずしも逼迫(ひっぱく)している状況ではないと聞いている」と述べた。先に対象区域となった7都府県とは事情が異なるとの認識を示したが、宣言の対象区域に含めるかについては「諮問委員会に相談し、内閣官房で判断する」と述べるにとどめた。

 愛知県はこの日、県独自で「緊急事態宣言」を出し、5月6日までの間、不要不急の外出自粛などを県民に求めている。(石川春菜)