電話やウェブ利用、記者は1社1人 コロナで変わる会見

有料記事新型コロナウイルス

中島嘉克 若井琢水 吉田拓史
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、決算発表の記者会見をウェブや電話に切り替える企業が相次いでいる。多くの人が集まって3密(密閉、密集、密接)となるのを避けるためだ。新型コロナの感染拡大で、記者会見の姿も変わるのか。

 9日に2020年2月期決算を発表したローソンは、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して会見した。冒頭、マスク姿の竹増貞信社長は「こういう形で決算会見をすることになった。ご不便をおかけするがよろしくお願いします」と述べた。

 ローソンは3月以降、出席者の席を離して開催するか、テレビ会議かの二つを検討してきた。会見の中止も考えたが、記者からも意見を聞いた上でウェブでの開催に決めたという。

 会見には約70人が参加した…

この記事は有料記事です。残り758文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]