[PR]

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、保育園や学童保育(放課後児童クラブ)でも休業や登園自粛の動きが広がっている。子どもの世話で仕事を休む保護者の休業補償のために政府が新設した助成金は、保育園や学童保育の場合も対象だ。厚生労働省は10日、4月以降分の申請の受け付けを今月15日ごろから始めると明らかにした。

 厚労省によると、自治体が「原則休業」を打ち出したり、できる範囲で利用を控えるように通知を出したりした場合などに対象になる。問い合わせは「学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター」(0120・60・3999、土日祝日を含め午前9時~午後9時)へ。

 この制度は、子どもの世話をする従業員を有給の特別休暇を作って休ませた企業に対して、日額8330円を上限に賃金全額を助成する。フリーランスなど個人で仕事をする保護者の場合、仕事ができなかった1日あたり一律4100円を本人に支給する。(岡林佐和)