[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が出た翌8日の夜間、東京都心や大阪、福岡の中心部を訪れた人の数が2月上旬に比べて半数以下に減ったことが10日、ヤフーの調査で分かった。国の宣言の対象外である名古屋市は約4割減で、減り幅はやや少なかった。

 調査は、スマートフォンのアプリ「ヤフージャパン」を通じて得た利用者の位置情報をもとに、東京の千代田、中央、港の3区、名古屋市中区、大阪市北区、福岡市博多区に区外から訪れた人数の推計値を出した。

 2月3~7日の平均を100とすると、8日夜(午後8時~翌9日午前0時)の来訪者は千代田区27、中央区29、港区45、大阪市北区33、福岡市博多区49。一方、名古屋市中区は56とやや高め。前7日夜と比べた場合も6区の中で唯一増えていた。

 朝の通勤時間帯(午前8~10…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら