[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出禁止などの厳しい規制が続くイタリアで、政府は14日から商店の閉鎖などの規制を一部緩和する。コンテ首相が10日、記者会見して明らかにした。不要不急の外出を禁じる規制は5月3日まで継続するが、感染拡大のペースが落ち着いており、復興に向けた「第2段階」に入ったと判断した。

 イタリアではコンテ氏が出した期限付きの政令で、3月10日から全土で移動が制限され、同12日からは生活必需品を除く商店が閉鎖された。同下旬には工場などでの生産活動も生活必需品を除いて停止された。政令の期限は4月13日までだが、コンテ氏は10日の会見で「今あきらめると前のリスクに逆戻りだ」として5月3日までの延長を表明。ただ、本屋や文具店、ベビー用品店などは感染防止策を取った上で14日から再開できるとし、森林の伐採やパソコン製造なども再開を認めた。

 コンテ氏は「ウイルスの消滅を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら