[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が確認されていないのは、全国で岩手県のみとなった。本州で最も面積が広い一方、人口密度が低いことなどが「感染者ゼロ県」の背景にありそうだが、医療関係者は「いつ患者が出てもおかしくない」と警戒を強めている。

 「他地域への往来は控えていただくようお願いします」。首都圏など7都府県に緊急事態宣言が出た7日、達増拓也・岩手県知事はコメントを出した。感染を防ごうと、それ以前から首都圏からの来県者だけでなく、首都圏に1泊した県民に対しても2週間の外出自粛を要請してきた。

 ただ、県独自の取り組みがあるわけではなく、3密(密閉、密集、密接)の回避や丁寧な手洗いなど、あくまで一般的なものだ。

 感染者ゼロの背景には何があるのか。県感染症対策委員会委員長の小瀬川玄医師は、人口密度の低さや首都圏など都市部との往来の少なさを挙げ、「確率的にはかかりにくくなる」と説明する。

 総務省の2015年の統計によ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら