【動画】行き場を失った飲食店用の食品を一般客向けに販売するドライブスルー八百屋=恵原弘太郎、斉藤寛子撮影
[PR]

 車に乗ったまま野菜を買える「ドライブスルー八百屋」が11日、東京都大田区に開店し、多くの車が集まった。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて営業を自粛する飲食店が相次ぐ中、感染リスクを抑えつつ食品ロスを減らすねらいがある。

 企画したのは、区内で飲食店に青果を卸している「フードサプライ」。休業で売れ残った国産の野菜や果物、コメや卵など17品目を段ボール箱に詰めて5千円で一般向けに販売した。

 客は車から降りることなく、従業員がトランクや後部座席に箱を積み込んだ。訪れた千葉県船橋市の荻野江利子さん(31)は、「地元のスーパーは混んでいて、買い物かごを持つのも不安だった。ドライブスルーは安心感がある」と話した。

 4月に入り、フードサプライが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら