減収世帯に30万円給付、三つの疑問 誰がいつどうやる

有料記事緊急事態宣言新型コロナウイルス

藤田知也
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活に困った人を助けるために支給が決まった30万円の「生活支援臨時給付金」。だれが、いつ、どうやったら受け取れるのか。総務省が10日公表した基準などをもとに、「三つの疑問点」を整理した。

だれがもらえる?

 30万円が支給されるかどうかは、「世帯主の月収」で決まる。世帯主でない家族の収入は評価されない。このため、たとえば共働き夫婦のうち、配偶者の収入が激減しても、世帯主の収入に変化がなければ30万円は受け取れない見通しだ。

 世帯主の2~6月のいずれか…

この記事は有料記事です。残り756文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]