[PR]

 宮城県丸森町は昨年10月の台風19号で街中が水没し、集落の孤立も相次いだ。寒さが和らぎ、かつての日常を取り戻そうとする被災者たち。「やれることから」と前を向く人もいれば、先行きの不安を断ち切れない人もいる。被災者たちのこの半年は――。

 「やれることからやっていくしかないよ」。町中心部から約15キロ離れた山あいの筆甫(ひっぽ)地区で農業を営む目黒啓治さん(71)は、吹っ切れたように話す。

 台風19号の豪雨で、地区では24時間の雨量が観測史上最大の588ミリを記録した。自宅そばを流れる川には大量のガレキが押し寄せ、用水路が壊れて、農機具も使えなくなった。毎年耕していた8アールの田んぼには泥があふれ、「もう一生、だめなんじゃないか」と落胆した。

 住民約500人の半数が65歳…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら