[PR]

 たけべの森公園(岡山市北区建部町田地子)でシダレザクラが見頃を迎えている。約110万平方メートルの園内には約100種類、約1万5千本のサクラが植えられ、約1.5キロ続く並木が美しい。垂れ下がる花弁をくぐりながら、花見を楽しむ人たちの姿が見られた。

 今シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県外からの客が大幅に減った。来園者は例年の「半分程度」という。12日に予定されていたイベントも中止になった。

 同園を訪れた井原市在住の製造業・妹尾崇宏さん(31)は「週末の外出は2週間ぶりになるが、春を味わうことができた」。公園所長の安藤傑文(ひでふみ)さん(43)は「シダレザクラは天候次第で15日まで。他品種は4月下旬まで楽しむことができる」と話す。

 入園料は高校生以上300円、小中学生は200円、未就学児は無料。問い合わせ先は(086・722・3111)。(田辺拓也)

関連ニュース