[PR]

 県は11日、県内に住む30代~90代の男女12人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内の感染者は計104人になった。

 このうち、金沢市内の80代男性はすでに医師ら4人の感染が判明している岡部病院(金沢市)の入院患者だった。県は、県内で三つ目のクラスター(集団感染)が発生したとの認識を示した。県は国から派遣されたクラスター対策班とともに対応に当たるという。

 また、中日本高速道路のグループ会社「中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋」の金沢市内の拠点で発生したクラスターで、新たに社員ら7人の感染が確認されたという。同社関連のクラスターは計19人に上った。県の北野喜樹・健康福祉部長は「現時点で確認できる感染者は勤務者と家族に留まっている。ここから先に広まらないように健康観察などをしっかりやっていかないといけない」という見方を示した。

 また、この日確認された感染者のうち、金沢市在住の80代男性が重症という。(堀越理菜)

関連ニュース