[PR]

 「救急医療体制の崩壊」が各地で起こりつつある。新型コロナウイルスの感染が疑われる患者を受け入れる救急病院が少なく、「最後のとりで」となる救命救急センターに搬送が集中。本来求められる一刻を争う重症患者の救急医療に支障が出ている。医療従事者を守るマスクなど防護具不足も深刻だ。

 「搬送先がなかなか決まらずに運ばれてくる患者が明らかに増えた」。数多くの重症患者を受け入れる東京都内有数の救命救急センターの救急医は、こう語る。4月第2週に入って「ステージが変わった」と実感している。

 10日までの1週間で新たに確…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら