[PR]

ごはんラボ シーザーサラダ

拡大する写真・図版シーザーサラダ=合田昌弘撮影

 青々としたレタスが手頃な値段で売られている時、「せっかくなら1玉で買いたいけど、余るかも」と迷うことはありませんか。今回は外側の葉と芯をスープに、そのほかをサラダに使い分け、少人数でもあっという間に1玉を食べきる提案です。

 まずは、サラダ。油と酢と塩を順にあえて、みずみずしさを楽しみます。うっすらと油をまとったレタスに、酢と塩をのせるイメージです。この順番が大事で、先に塩を振ると浸透圧で水分が出てしんなりします。

 油と酢の比率は2対1と覚えておきます。オリーブ油+ワインビネガーは、サラダ油+穀物酢(米酢)にするとまろやかで、和風の主菜にも合います。

 シーザーはこのサラダを考案したイタリア系の料理人の名前。調理の事典にはソースにアンチョビやマスタードを使う、とありますが、より身近な材料でレシピを考えました。ベーコンや卵、チーズのたんぱく質もとれて、繰り返し食べたい一品です。(栗田優美)

材料(2人前)

□ レタス 小1個

□ ミニトマト 4個

□ ニンニク 1/2かけ

□ ベーコンブロック 40g

□ 固ゆで卵 1個

□ パルメザンチーズ 適量

□ オリーブ油 小さじ3

□ ワインビネガー(または酢) 小さじ1

□ 塩 ひとつまみ

シーザーサラダ

監修:有馬邦明

【作り方】

①レタスの外側の葉2~3枚を外す。芯の周りに包丁の刃先を入れてくりぬく。これらはスープに使うので分けておく。残りのレタスを食べやすい大きさにちぎる。

拡大する写真・図版芯をくりぬいた穴に指を入れ、割るようにしてちぎっていく。大きいボウルを使うと後の作業がしやすい

②レタスにオリーブ油小さじ2を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら