[PR]

 3歳の息子にたばこの火を押しつけるなどの虐待をしたとして、三重県警は12日、同県大台町千代、会社員木下翔太容疑者(22)と妻で派遣社員の優奈容疑者(23)を傷害の容疑で逮捕し、発表した。翔太容疑者は容疑を認め、優奈容疑者は「見ていただけ」と容疑を一部否認しているという。

 大台署によると、両容疑者は3月18日ごろから23日ごろにかけて、息子(3)の右手甲や右腕にたばこの火を押しつけるなどの暴行を加え、全治約10日のけがを負わせた疑いがある。息子は命に別条はないというが、体に10カ所ほどの傷があったという。児童相談所から署に通報があり、息子は児相が保護したという。