[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの不足が続く中、ソフトバンクグループは5月から月3億枚のマスクを日本国内に供給する。孫正義会長兼社長が11日夜にツイッターで表明し、同社広報も認めた。

 中国の大手電気自動車メーカーBYDと提携し、専用の製造ラインを確保したという。医療の最前線でも使われる「N95」という高機能マスクを月1億枚、一般的なサージカルマスクを月2億枚、用意する。孫氏は「政府と連携を図り、医療現場をはじめ一人でも多くの人々に供給する」と投稿した。利益を上乗せせずに販売する方針という。

 孫氏は、3月中旬に簡易PCR検査を無償で100万人分提供する意向をツイッター上で表明したが、「医療現場が混乱する」などと批判を受けて撤回。その後、マスク100万枚を個人で調達し、医療機関などに寄付している。(井上亮)