【動画】外出自粛の中 ドローンで空から来たトロフィー ロシア・ゼニト
[PR]

 トロフィーが空から飛んできた――。サッカーのロシア1部ゼニトが、3月のチーム月間最優秀選手になったMFマルコム(23)にドローンで記念のトロフィーを届け、その様子をツイッターなどで配信している。新型コロナウイルスの感染拡大でロシア全土で外出自粛が呼び掛けられている中、ユニークなアイデアが話題だ。

 12日時点で英語版公式ツイッターだけで30万回以上再生されている動画は、「クラブから『窓を開けておいて』と言われた」とマルコムが語るシーンで始まる。直後、自宅の窓からドローンが入ってきて、マルコムは驚き、猫は逃げ出す。シューズを模した記念品を受け取ったマルコムは、「とても幸せ」と感謝を口にした後、ファンに自宅待機を呼びかけた。

 ゼニトは今季のリーグ戦で首位に立つが、感染拡大を懸念して、ロシア1部リーグは3月中旬以降、中断している。