[PR]

 大阪地検は12日、地検に配属中の20代の男性司法修習生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。発表によると、男性は5日夜から6日未明にかけて発熱が確認され、味覚異常などもあったため、同日から自宅待機していた。11日にPCR検査を受け、12日に陽性だとわかったという。

 地検は、同室で修習していた修習生30人を6日から自宅学修としたほか、指導などに関わった検察官3人も7日から自宅待機にしている。

 地検は「現時点では必要な捜査・公判活動を含めた検察業務の遂行に支障は生じていない」としている。(遠藤隆史