【動画】新型コロナ感染拡大防止で無声の万歳 愛知・碧南市長選無投票=小西正人撮影
[PR]

 12日告示の愛知県碧南市長選で現職の祢宜田政信氏(68)が無投票で4回目の当選を決めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた愛知県独自の緊急事態宣言後初の選挙。午後5時半、他に立候補者がなく当選が決まった祢宜田氏は市内の選挙事務所で、マスクをしたまま、「無声」で万歳をした。支持者ら用の椅子も1メートル以上の間隔を開け、握手も無く、互いのひじをタッチし合うなどして当選を喜び合った。祢宜田氏は「本当は大きな声で万歳を言いたかったが、やむを得ない」と話した。(小西正人)