• アピタル

「感染者1万人」豪州はどう回避? 日本が学べることは

有料記事新型コロナウイルス

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 「このペースで増えると、(新型コロナウイルスの)感染者は2週間後には1万人を超える」。安倍晋三首相は7日、緊急事態宣言でこう述べた。一方、「12日前のペースで増えていれば、感染者は今ごろ1万人を超えていた」と3日に振り返ったのは、オーストラリアのモリソン首相だ。13日現在、豪州の感染者は6千人余り。増加を抑えられたのはなぜか。(シドニー=小暮哲夫

隔離や水際対策を強化

 スティーブン・クリスティーさん(22)は11日、シドニー中心部のホテルでの強制隔離生活を終えた。客室階には常に警官が巡回。食事はドアの外に置かれ、毎日、医師か看護師から体調を尋ねる電話がかかってきた。

 米ロサンゼルスから帰国したのは3月29日早朝。1時間ほど待たされてターミナルに入ると、体温と健康チェックのため、床に貼られたテープに沿って1・5メートル間隔で並ぶよう促された。

 その後、政府が手配したバスで市のホテルに向かうと、警察官や軍の兵士が待っていた。部屋の鍵を渡され、言い渡されたのは「14日間の外出禁止」。豪政府がこの日から始めた帰国者に対する強制的な隔離措置だった。3月16日から始めた自主的な隔離要請を強化したものだ。空港からのバス代や宿泊費、ホテルでの3食の食事は政府の負担だ。

 隔離の徹底は、周囲を海に囲…

この記事は有料記事です。残り1863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]