[PR]

 世界に約13億人の信者を抱えるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇が12日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で「復活祭(イースター)」のミサを行い、全世界に向けたメッセージを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ミサは少人数で開かれ、テレビやインターネットで中継された。

 フランシスコ教皇は、新型コロナウイルスによって「人々の生活が一変し、多くの人が不確実な将来と今ある危機を心配している」と指摘。各国の政治指導者に対し「誰もが尊厳ある生活を送れるよう行動する」よう呼びかけた。

 シリアやウクライナなど紛争や対立が起きている国や地域を挙げ、「今は武器をつくるのではなく、命を救うために巨額を費やす時だ」とも強調した。「一つの家族となって支え合うことが、これまでになく緊急に求められている。『無関心』や『分断』といった言葉を永遠に禁止したい」と訴えた。(ローマ=河原田慎一)