[PR]

 発達中の低気圧の影響で、13日午後も全国各地で大荒れの天気となっている。気象庁によると、広い範囲で14日朝まで非常に強い風が吹くという。東日本では13日の夜にかけて雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、土砂災害や低地の浸水に警戒するよう呼びかけている。

 13日午後4時40分までの24時間降水量の最大値は、三重県尾鷲市315・0ミリ、鳥取市209・0ミリ、岡山県真庭市168・5ミリなど。4月に記録された24時間降水量としては、計71の観測点で統計開始以降では最多を記録した。西日本から東日本の広い範囲で、最大風速15メートル以上の強風も吹いた。

 14日にかけて予想される最大風速は、関東甲信と四国25メートル、東北と中国、九州南部23メートル、伊豆諸島と北陸、東海、近畿、九州北部20メートルとなっている。(山岸玲)