[PR]

 兵庫県警は13日、署員らの新型コロナウイルスの感染が確認されている神戸西署で、新たに署長と副署長の2人の感染が確認されたと発表した。感染者は計10人になった。署長と副署長を含む幹部署員7人は3月27日夜、署の近くで飲み会を開いており、このうち5人が感染したことになる。

 署長と副署長のほかに感染が確認されているのは、警務、交通と会計業務の幹部職員3人。加藤晃久・県警本部長は13日、記者会見を開き、「県民の皆様にご心配をおかけしているが、十分な支援態勢で安心してもらえるよう努めたい」と述べた。

 3月27日の飲み会は署長と副署長を含む課長級以上の幹部署員7人が参加。前日の26日付の人事異動発令を受け、着任した署長らの歓迎会だった。兵庫県の井戸敏三知事は3月19日、不要不急の外出や会合の自粛を県民に呼びかけていた。

 同署では4月7日に50代の警視の感染が初めて確認され、濃厚接触した恐れのある署員約120人が自宅待機になっている。署庁舎への利用者の出入りを禁じ、運転免許証の住所変更などは署の庁舎外で受け付けている。

 県警警務課は4月9日、署幹部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら