[PR]

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、さいたま市の西田道弘・市保健所長が「病床が満杯になるのを避けるため、条件を厳しめにやった」と発言したことを受け、清水勇人市長は13日午前、記者団の取材に「誤解を招く表現だった」と述べ、西田所長に厳しく注意したことを明らかにした。

 清水市長は、検査自体は「決められた基準に沿ってやっている」として問題がないとの認識を示した。その上で、「厳しめ」という言葉遣いについて「(保健所長が)医師として裁量のある部分でケース・バイ・ケースで判断した面はあるかもしれない」と釈明し、基準を逸脱してはいないと強調した。

 埼玉県や県内の他市、首都圏の他の政令指定市に比べて検査数が少ないとの指摘に対しては、「市内にクラスター(感染者集団)がほとんどなかったため」と説明した。今後、市のPCR検査機器を1台増やし、検査数の増加に対応していくとした。(森治文)