[PR]

 愛知県警広報課が新型コロナウイルスについて「深く息を吸って10秒我慢し、せきや息切れなどの症状が出なければ、感染の可能性は低い」などと誤った情報をツイッターに投稿していたことが、分かった。同課はツイッターで謝罪し、その後に投稿を削除した。

 同課によると、投稿は10日付。広報課長の名義で投稿されたが、同日中に「正確な情報でない可能性であると判明した」として謝罪。12日に投稿を削除した。世界保健機関(WHO)も公式サイトで、呼吸を止めた際にせきが出なくても「コロナウイルスに感染していないことは意味しない」と否定している。

 同課は取材に対し「県民の不安を少しでも和らげたいと思い、結果として不確かな情報を提供した。県民に不安を生じさせてしまった」と答えた。コメントを削除したことについては「無用な混乱を招く恐れがあったため」としている。