[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を出し、対象となった東京などでは営業の休止を要請する対象施設を公表した。東京の場合、基本的に休業を求める施設として、バーやカラオケなどの遊興施設やボウリング場などの運動・遊技施設を挙げている。ホテルはこれには含まれないが、一時休業の動きが相次ぐ。なぜなのか。

 東急ホテルズは、渋谷エクセルホテル東急など東京や大阪などにある計15施設を臨時休業した。営業再開は5月以降の予定で、それまでは周辺の営業中のホテルの利用を促す。従業員の一部は休業扱いになる見通しで、雇用調整助成金を申請する。

 JR新浦安駅に直結する浦安ブライトンホテル東京ベイ(千葉県浦安市)は5月中旬まで休業する。緊急事態宣言で千葉県が外出の自粛要請を出したためで、従業員は「出社せず自宅待機になる」(同社)。

 プリンスホテルは東京、神奈川などの6施設を3月末から順次休業しており、同じ地域にあるホテルに営業を集約した。ドーミーインは札幌や東京、大阪などの8施設を4月3日から6月末まで休業。休業したホテルで働いていた従業員は「休業していない事業所で勤務している」という(同)。

 各社がホテルを一時休業するの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら