[PR]

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは13日、22日から5月6日に予定していたCD・DVDなどの発売を、当面の間延期すると発表した。政府が発令した緊急事態宣言を受け、CDショップの臨時休業が相次いだことと、安全面への配慮から延期を決断した。

 同社は「臨時休業対応を行うCD、DVD、ブルーレイ等パッケージを販売する店舗や、外出自粛の要請を受けるお客様の安全を最優先に配慮した」とコメントしている。

 発売延期の対象は、ソニーミュージックグループの全作品に及び、亀梨和也さんと山下智久さんのユニット「亀と山P」のアルバムや、プリンス、シド・バレットの再発盤など、アニメ作品や他社からの受託販売を含めて約80タイトル。延期後の発売日は未定で、公式ホームページ(https://www.sonymusic.co.jp別ウインドウで開きます)で随時発表する。現時点では新作などの配信はおこなう予定だが、アーティストによっては配信を延期する可能性もあるという。

 ソニーミュージックグループはすでに、今月19日までの全ての主催公演やイベントの中止・延期を決めている。(定塚遼)