[PR]

 全国で初めて子どものゲーム利用時間を定めた香川県ネット・ゲーム依存症対策条例で、条例可決前に実施されたパブリックコメント(意見公募)に寄せられた「賛成」の多くが、同じような文言だったことがわかった。朝日新聞が情報公開請求でパブコメの文書を入手し、集計した。

 条例は議員提案されて賛成多数で3月に可決し、今月1日に施行した。パブコメは1月下旬から15日間、実施された。県議会事務局は3月、条例への賛成が2269件、反対が401件あったと公表していた。

 開示された文書は、ほとんどが電子メールで、送信者の住所や名前は黒塗りにされていた。「賛成」は、ほとんどが「賛成します」「賛同します」とだけ書かれていたが、その直前に同じような表現が書かれたものも多数あった。

 例えば、「ゲーム依存により、判断の乏しい大人を生み出さない為(ため)に」と書かれたものが、100件以上あった。「子供達(たち)に与える影響様々ですので」「明るい未来を期待して」「条例が通る事により、皆の意識が高まればいいと思う」という表現もそれぞれ100件以上ずつあった。

 一方、反対の401件の書式はばらばらで、ほとんどが具体的な意見を記していた。

 3月に条例案を決めた県議によ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら