[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で消毒用アルコールが不足していることを受け、厚生労働省は、アルコール度数の高い酒や高濃度の工業用エタノールで代替できるとする見解を示した。酒などで消毒できることは以前から否定していなかったが、品不足を受けて改めて見解を出した。ただ、「手洗いの方が確実。自分で手を洗えない寝たきりの人など、やむを得ない場合に限る」としている。

 厚労省によると、使えるのは、有害なメタノールを含まないエタノール濃度が70~83%の酒など。さらに高濃度だと効果が薄れるため、精製水などで薄める。

 感染拡大を受け、国内メーカーなどは医薬品や医薬部外品の消毒用アルコールを増産しているものの、品薄な状態が続いている。必要な消毒用アルコールが確保できない施設が出てくる可能性があることから、代替品として酒などで消毒が可能だとの見解を示した。

 酒造メーカーなどの間では、消毒用アルコールの代替品としてアルコール度数の高い酒を発売する動きも広がっている。

 厚労省はまた、今年度予算の予備費を使ってエタノールを確保し、都道府県に配布する準備を進めており、現在、必要な量の希望を聴いている。