[PR]

 東山動植物園(名古屋市)のイケメンゴリラで知られるシャバーニは、実は気が小さい? 東山動植物園マニアの編集者たちが飼育員に徹底取材してつくった「あまりに細かすぎる東山動植物園ガイド」が3月28日に発刊された。

 動物の種類を紹介するのではなく、「個体」に焦点を当てて写真では捉えられないしぐさや家族模様をイラストで細かく伝えている。新型コロナウイルスの影響で一時閉園となっている東山動植物園を家でも存分に楽しめることから、書店でも人気が出ている。

飼育員だけが知るマニアックな情報も

 例えばライオンのページ。「睨(にら)みをきかす百獣の王『サン』、ビューティークイーン『ルナ』、おっとり王子『ソラ』」といったように一体一体の個別の特徴を紹介している。

 アフリカゾウの「ケニー」が運動場から花をつんで飼育員にプレゼントしたというほっこりエピソードも。人気のシャバーニは「実は胃が弱い」。新しいものが運動場にあると、最初には出てこない小心ぶりという。

 取材では、編集者自身が檻(おり)の前に張り付いて気づいた行動を飼育員に確認したり、飼育員しか知らない情報を引き出したりした。バックヤードでしか知ることができない情報も盛りだくさんだ。

 以前から東山動植物園マニアで、年間パスも持っているという「ぴあ」中部支社の出版プロデューサー伊奈禎さんと地元編集プロダクションBASARAの吉田はぐさんの「面白く、変わった東山のガイドをつくりたい」との思いがみのり、実現した。

マラソン増田明美さんの解説から発想

 「あまりに細かすぎる」という…

この記事は有料会員記事です。残り350文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。