[PR]

 世界の新型コロナウイルスの感染者数が日本時間の14日午前、累計で190万人を超えた。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、14日午前10時の時点で感染者数は191万8855人、死者数は11万9588人にのぼった。

 世界の感染者数は3月27日に50万人を上回り、今月3日に100万人を超えている。

 14日午前の時点で、米国の感染者数が世界で最も多い約58万2千人で、死者も最多の約2万4千人。他の国で感染者数が多いのはスペイン(約17万人)、イタリア(約16万人)、フランス(約13万8千人)、ドイツ(約13万人)。欧米5カ国の感染者数の合計が世界全体の6割以上を占めている。

 死者数はイタリアが米国に次いで世界で2番目に2万人を超えた。スペイン(約1万8千人)、フランス(約1万5千人)、英国(約1万1千人)と続く。