[PR]

 新潟県燕市が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出た7都府県に住む市出身の学生に、市内産コシヒカリ5キロと手作りの布製マスクなどを無償提供する。市は7都府県との往来自粛を求めており、代わりに地元のコメを「仕送り」して生活を支える考えだ。

 燕市と複数の市内企業が費用を負担する。提供の対象は、希望する同市出身の学生。市は300人程度と想定しているが、10日に取り組みを発表すると、13日午前までに約170人から応募があったという。

 取り組みに賛同する企業も相次ぎ、コメとマスクだけでなく、みそや漬物も送る予定だ。同市内では3日に東京都内から帰省した学生の感染が確認された。市の担当者は「大学などへの新入生はゴールデンウィークにも帰省ができずに酷だ。若者を応援したい」と話している。(長橋亮文)