[PR]

 熊本地震の余震のさなかに出産を経験した絵本作家夫妻がいる。夫妻は出産をきっかけに、自然との共生をテーマにした絵本「あかんぼっかん」(偕成社)を制作。震災から4年が経つ今も自然や命について考え、向き合う日々が続く。

 2016年4月21日。絵本作家ユニット「ザ・キャビンカンパニー」の阿部健太朗さん(31)と吉岡紗希さん(31)は大分市内の産婦人科にいた。臨月だった妻の吉岡さんが破水し、前夜から入院していた。最大震度7を記録した熊本地震後のことだ。

 16日の本震時、大分市の自宅にいた2人にけがはなかったが、震度5弱と大きく揺れた。大分県由布市挾間町の2人のアトリエも窓ガラスが割れ、被災した。

 本震後も余震が続き、そのたびに緊急地震速報を知らせる携帯が鳴り響く。「出産のときに大きな揺れがきたらどうなるんだろう」。吉岡さんは不安で眠れない数日を過ごした。

 予定より10日ほど早く入院。…

この記事は有料会員記事です。残り1139文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら