コロナを「自分ごと」に 浅野拓磨、セルビアから訴え

有料会員記事

[PR]

パルチザン・FW浅野拓磨の「感謝のゴール」

 新型コロナウイルスは、僕の住むセルビアでも広がり続けています(12日現在で3600人超が陽性者)。外出禁止令が出て、クラブはもちろん休止。自宅待機で、1カ月が経とうとしています。

 最初の陽性者が出て1週間ほど経った3月14日、リーグ戦は無観客になりました。僕ら選手は2日前からクラブ施設で隔離。これからは無観客試合が続くと言われましたが、翌15日には非常事態宣言が出て、そのままチームは無期限の活動休止に。その後は、外出が許可される午前中に近所でスプリントの練習などをして、自宅で筋トレや体幹メニューをこなす日々。スーパーや病院以外はほとんど開いていないこともあり、出歩く人はほぼいません。

 セルビアの対策は早く、罰則…

この記事は有料会員記事です。残り456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。