タイのあの通りもガラガラ 水かけ祭りの連休は「延期」

有料会員記事

バンコク=貝瀬秋彦
[PR]

 タイでは13日から、「水かけ祭り」として知られるソンクラーン(タイ正月)の連休が始まるはずだった。だが、新型コロナウイルスの感染拡大で、タイ政府は連休の延期を決定。恒例の水かけもなくなり、例年は観光客らでにぎわう街中は閑散としていた。

 ソンクラーンの期間中は例年、数々のイベントが行われるほか、実家への帰省により大量の人の移動や接触が起きる。政府はこれによって、感染が広がる危険性を考慮。13~15日の連休を平日にし、帰省や水かけをしないよう呼びかけている。

 バンコクのカオサン通りは欧米などからの観光客らに人気で、ソンクラーンでは派手に水をかけ合う光景が繰り広げられる。だがこの日は、通りの多くの店がシャッターを閉め、人の姿もほとんどなかった。

 ソンクラーンの前から観光客…

この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら