アロマの効能取り入れて ハンドジェルを簡単に手作り

有料記事

小若理恵
[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がり、マスクや消毒のためのジェルなどが品薄になっています。先の見えない不安に気分も沈みがちですが、精油(アロマオイル)を使い、ハンドジェルやルームスプレーを作ることができます。確実に菌やウイルスを防げるものではありませんが、心地よい香りを生活に取り入れ、リラックスしてみませんか。

 3月中旬、京都市のアロマインストラクター芳井企保美(きおみ)さん(57)宅で、ハンドジェル作りのワークショップが開かれた。除菌や消毒のためのジェルが店頭からなくなり、近所の人から「ジェルを作れないか」と相談されたのがきっかけだった。

 作り方は簡単。瓶に無水エタノール(30ミリリットル)を入れ、精油(60滴)を垂らして割り箸などで混ぜてから精製水(60ミリリットル)を加える。キサンタンガム(耳かき30杯程度)とグリセリン(小さじ1または2)を加えてダマがなくなるまでよく混ぜ、なじませたら出来上がり。材料は薬局などで買えるものばかりで、同じ材料の一部でルームスプレーも作れる。

 芳井さんは「なるべく自然の…

この記事は有料記事です。残り565文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!