NY州、コロナ死者数の増加鈍る 知事「最悪脱した」 

有料記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=藤原学思、サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 新型コロナウイルスの感染が米国で最も深刻になっているニューヨーク州のクオモ知事は13日の会見で、州内の死者数の増加の伸びが鈍ったとしたうえで、「最悪の状況は脱したと言っていいと思う」と述べた。クオモ氏が「ピークを過ぎた」との認識を示したのは初めて。

 クオモ氏によると、ニューヨーク州の死者数は13日昼までに1万人を超えたが、12日まで6日連続で700人台だった24時間当たりの死者数は、13日には671人となった。また、新規入院患者は減少傾向が続き、集中治療室(ICU)に入る患者総数も13日には3日ぶりに減少に転じた。

 こうしたデータからクオモ氏は、「最悪の状態」は抜け出したとの認識を示した。ただ、「我々がこのまま賢くあり続ければ、だ」と条件をつけ、州民が他人との距離を保ちながら生活するよう改めて求めた。

 クオモ氏はまた、経済活動の…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]