[PR]

 菅義偉官房長官が14日午前の定例会見の中で、複数回にわたってせきをする場面があった。午後の会見で、記者団から体調について問われた菅氏は「大変心配をいただいてありがたい。全く大丈夫で、強いて言えば花粉症です」と苦笑いした。

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、菅氏が住む衆院赤坂議員宿舎でも13日に居住者1人の感染が明らかになったばかり。インターネット上では、政権の危機管理を担う菅氏の体調を気遣う声が上がっていた。菅氏は当初、マスクの着用に慎重だったが、6日からはマスクを着けて会見に臨んでいる。

 官房長官会見は、原則として平日の午前、午後の2度行われている。感染防止対策として、通常114席ある会見場の記者席は、安倍晋三首相が緊急事態宣言を出した翌日の8日から29席に。14日からはさらに記者同士の間隔を空けるために23席に減った。