高松の保育所でクラスター発生か 保育士11人が感染

有料記事新型コロナウイルス

大野正智
[PR]

 県と高松市は13日夜、市内の11人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち8人は前日に3人の保育士の感染が確認された市立鬼無保育所の同僚の保育士だった。この保育所での感染者は計11人となり、県と市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。さらに14日、1歳男児の感染も新たに確認された。県内の感染者は計20人になった。

 感染が確認された保育士は20~60代の女性8人で、うち1人は発熱やのどの痛みがあった。7人は直前の2週間に海外や県外の滞在歴はなく、1人は岡山県内に日帰りで行っていた。

 一部の保育士は3日と7日、所内での1~3時間の会議に参加した。県などはその際に集団感染が起きた可能性があるとみている。県と市は、園児147人全員のPCR検査を15日以降に実施するという。

 ほかに13日に感染が確認さ…

この記事は有料記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]