[PR]

 新緑の季節を迎えた奄美大島の森で、独特の珍しい花々が咲いた。「アマミ」の名を冠した島の固有種や絶滅危惧種など、南国を彩る花を撮影した。

 島の春を代表する存在が、ランの仲間アマミエビネ。常緑広葉樹の林床に生え、白やピンク、薄紫などの花が凜(りん)として美しい。

 渓流沿いで映えるのが、ツツジの仲間アマミセイシカ。花の大きさは5~8センチで、咲き始めは淡いピンクで、開花後に白に変わる。花の清楚(せいそ)さから「渓流の貴婦人」と言われる。

 アマミアセビもツツジの仲間で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら